合宿免許とは

車の免許を取るために多くの方は通学免許を選択するのですが、もう一つ合宿免許というものがあります。合宿免許とは一定期間宿泊をしながら運転免許のための教習を受けるというものです。全国各地の運転免許センターが合宿免許を実施しています。自分が住んでいる地域以外のところで合宿免許に参加することもできます。そのため、それぞれの免許センターは少しでも多くの方を集めるために魅力的なプランを用意しているのです。

合宿免許の際に泊まることになる宿泊施設はホテルや旅館などを利用することもあれば、寮を用意していることもあります。そこでは個室で泊まることができるところもあれば、相部屋となるケースもあります。リゾート気分を味わえるさまざまな楽しみが用意されている施設が増えています。温泉に入ったり、観光ができるのです。

合宿免許で取得したからといって通学免許と違いはありません。どのような方法で運転免許を取得したとしても、同じ免許として効力が発揮されます。授業の内容についても通学免許の場合と内容は同じです。運転免許を取得するための教習の内容は法律によって決められているのです。そのため合宿免許でも通学免許と同様の試験を受けます。試験に合格できなければたとえ合宿免許であっても短期間で取得することはできません。