メリットとデメリット

合宿免許と通学免許にはそれぞれメリットとデメリットがあるため説明しましょう。合宿免許の大きなメリットは費用が安いという点です。通学免許よりも費用が安くなりお得となります。宿泊費も含めたパック料金で提供されていることが多いです。通学と違って合宿の場合はスケジュールが無駄なく組まれているため、通学のような予約も必要ないですし、キャンセル待ちといったことも起こりません。人気の時間に予約が集中することもないのでスムーズに講習を受けることが可能です。

合宿が通学よりも格安な理由は、無駄のない効率的なスケジュールが組まれているからです。通学だと一人ひとりが自由にスケジュールを設定するため、一部の時間に教習の予約が集中したりする一方で、空車や空席が出たりキャンセルが出ることもあります。

しかし合宿の場合、予め教習のスケジュールが組まれているため、空車や空席は通学に比べて非常に少なくなります。

交通費も教習所が支払ってくれることが多いです。短期間で免許を取得できる点も大きな特徴となっています。AT限定の場合には14日間で卒業することもできるのです。通学の場合は1ヶ月近くかかることが多く、場合によっては3ヶ月程度かかることもあるため、合宿の方が気軽に免許を取れるでしょう。また、通学の場合によりも新しい友達を作りやすいというメリットがあり、旅行気分を味わうこともできます。

教習ただし、合宿免許はまとまった休みがないと参加することができません。通学免許の場合は自分の都合に合わせてスケジュールを決めることができます。合宿免許は短期で卒業することになるため、スケジュールが詰め込まれています。そのためとても忙しいです。通学免許の方がゆったりとしたスケジュールで落ち着いた状況で教習を受けられるでしょう。自宅の近くにある教習所に通えるという点も通学免許のメリットとなります。合宿免許の場合は年齢制限が設けられていることもあるため、制限を超えているならば通学免許を選ぶしかありません。